NCIS: ハワイ

JCOM_banner.jpg

 

 
 
<独占日本初放送>
7/18(月)22:00スタート!
【二カ国語版】毎週月曜22:00ほか
【字幕版】毎週月曜24:00ほか
 
<スパドラ! キャッチアップ>
【二カ国語版】12/5(月)29:00スタート!
 
 
 

 

ニュース

イントロダクション

今もなお大人気シリーズとして放送されている本家「NCIS ネイビー犯罪捜査班」のスピンオフシリーズ第3弾!!
「NCIS: ニューオーリンズ」のショーランナーたちがハワイを舞台に仕掛ける期待の最新作が日本初上陸!!

作品解説

大人気シリーズ「NCIS ネイビー犯罪捜査班」のスピンオフシリーズ第3弾は、現代にふさわしいフランチャイズ初の女性リーダーとLGBTQエージェントが登場!

全米でシーズン19が放送中の大ヒットシリーズ「NCIS ネイビー犯罪捜査班」。同作は世界で最も成功したテレビシリーズと言われ、シーズン20への更新が決定したばかり。今回、そんな本家(NCIS ネイビー犯罪捜査班)のスピンオフで、ロサンゼルスを舞台にした「NCIS: LA 極秘潜入捜査班」、ニューオーリンズを舞台にした「NCIS: ニューオーリンズ」に続き、3番目のスピンオフシリーズとなるのがハワイを舞台にした「NCIS: ハワイ」だ。本作は、フランチャイズ初となる女性チームリーダーを描いた作品である。全米ネットワーク局のCBSで2021年9月20日に第1話が放送開始され、同日に初放送された3作品の中で、最大の視聴者数である658万人を記録した。さらに、録画視聴を含めると平均930万人の視聴者を獲得していた。月曜夜10時の時間帯でトップを獲得したことから、早々にシーズン2の更新も発表された大成功のスピンオフ作品と言える。今回、二人の子供を育てながら頼れる女性辣腕リーダーを演じるのは、1998年にミス・ティーンUSAの勝者だったヴァネッサ・ラシェイ。MTV番組のホストや芸能バラエティ情報番組「Entertainment Tonight」のニューヨーク特派員を務めた後、テレビシリーズ「ママと恋に落ちるまで」「CSI:ニューヨーク」「HAWAII FIVE-0」「オヤジ・アタック」などにゲスト出演しながら俳優としてのキャリアを築いてきた。そんな彼女にとって、今回のキャスティングは大出世のチャンスとなった。初の女性NCISリーダーを演じることに対してヴァネッサ・ラシェイは、「少女たちに自分にもなれるかもしれないという可能性を感じて欲しい」と語っている。元ミス・ティーンでモデルだったとは思えぬ肝の座った演技は必見。ラシェイ自身も、プライベートで「こういう時ジェーンはどうするだろう」と自問しながら、現実の問題を対処することがあると言うほど、ジェーンは理想の上司でもあり母親なのだ。さらに、ヤスミン・アル=ブスタミ扮するNCISフランチャイズ初となるLGBTQエージェントのルーシーもチームの雰囲気にとって良いスパイスになっている。現代にふさわしい新鮮なキャラクター設定と、エピソードを追うごとに見えてくる複雑な人間ドラマは必見。

注)初回放送当時の情報となります

見どころ

「NCIS: ニューオーリンズ」のショーランナーたちがハワイの魅力を存分に引き出してNCISフランチャイズとして見事に昇華させた待望のスピンオフ!!

本作は、NCISスピンオフシリーズの「NCIS: ニューオーリンズ」で共にショーランナーをしていたジャン・ナッシュとクリス・シルバーが、「ニューオーリンズ」で新しいキャラクターを登場させるためにブレインストーミングをしていたときにアイデアが湧いたことがきっかけになっているそうだ。その時、あるキャラクターの出身地に話が及び、ハワイのパールハーバーにNCISのオフィスがあることに気づき、これが番組として素晴らしいものになるのではないかということになったのだとか。「ハワイはロケ地として最適なだけでなく、フランチャイズのユニークな特質でもある、海軍関連の事件に対峙するというテーマとも完璧に融合していた」と語っている。そして彼らにとって重要だったのは、「ニューオーリンズ」のように、舞台そのものがキャラクターになるような番組にすることだったそうで、今回も見事に「ハワイ」が作品を特徴づける要素になっている。多くの番組では、ニューヨークやフィラデルフィアが舞台の番組でも、ロサンゼルスで撮影されることなどがよくあるそうだが、本作は実際の舞台となる場所で撮影されているため、そこで得られる「特別な何か」を捉えることができているのだそう。視聴者にとっては、毎エピソードで登場するハワイの美しいビーチや雄大な山々の風景が、「特別な何か」なのだろう。さらにジャン・ナッシュは、ハワイを舞台にし、ハワイに忠実な番組を作るには、ハワイを良く理解している人と一緒に仕事をする必要があると思ったそうで、3人目の共同クリエーターに「ブラックリスト」のスピンオフ作品「ブラックリスト リデンプション」の脚本を手がけたマット・ボザックを迎えている。日系アメリカ人の彼の家族は、3世代に渡りハワイに司令部を置くアメリカ太平洋軍の下で様々な任務に就いてきた。彼自身もUCLA卒業後、軍用ビデオゲームや映画の脚本を担当していたという異色の経歴の持ち主。彼や彼の家族が軍隊と深いつながりがあるだけでなく、ハワイ文化にも精通していたため、彼をパートナーのクリエーターとして受け入れることが最適だったそうだ。

本家「NCIS ネイビー犯罪捜査班」との豪華クロスオーバーも!

本シリーズの第18話「T'N'T(原題)」は、本家「NCIS ネイビー犯罪捜査班」(シーズン19第17話「Starting Over(原題)」)との2時間枠のクロスオーバーイベントの後半の1時間として放送された。本家ウィルマー・バルデラマ扮する「NCIS」のニコラス・“ニック”・トーレスがハワイに派遣され、ジェーン・テナントとともに未解決事件に取り組むというエピソード。この豪華クロスオーバーでは、「NCIS: ハワイ」の視聴者数は613万人以上を記録し、初回放送以来最も視聴されたエピソード(NFLの特別放送を除く)となった。よくフランチャイズ作品では、クロスオーバーエピソードが企画され、視聴者の注目を集めることが多いが、今回の放送もCBSの戦略が功を奏したと言える。劇中、派手なカーアクションや激しい銃撃戦などが展開される一方で、NCIS本部のトーレスとパールハーバー支局のジェーンに意外な過去が隠されていたというストーリーが描かれている辺りは、クロスオーバーでしか見られない楽しいポイントだ。

ストーリー

海軍の実験機がオアフ島の山に激突するという事故が発生した。死亡したパイロットの名前はデビッド・ウォルターズ中佐。NCISパールハーバー支局の特別捜査官ジェーン・テナント率いるチームは捜査を開始したが、海軍から極秘の防衛プロジェクトの一部であることを理由に拒まれてしまう。しかし死亡したパイロットは、12時間前にジェーンのオフィスに連絡していたことから、正式にジェーンのチームに捜査が任されることになった。そんな折、新人捜査官として初日を迎えるはずだったカイ・ホルマンが、バーでの喧嘩に介入したことで警官と衝突、逮捕されてしまいジェーンが警察署まで引き取りに行くことに……。

一方で、若手捜査官のルーシーはパイロットの死体解剖の結果から得られたわずかな情報を手掛かりに、彼が薬物の過剰摂取で死亡していたことを突き止める。しかしウォルターズの自宅から薬物は一切検出されず、さらに彼の恋人が殺害されていた事実も明らかになった。だがそれは恋人ではなく、情報収集のために彼を利用していた女性だった……。NCISパールハーバー支局のチームが、米海軍隊員をめぐる事件や、いまだ謎に包まれているハワイという島に関わる重大事件の解決に挑む。

各話あらすじ

放送時間

キャスト

ジェーン・テナント/Jane Tennant (声:水樹奈々)

親切で忍耐強く、頼り甲斐のあるパールハーバー支局の司令官。アレックスとジュリーという二人の子供を育てながら、職場では40名のエージェントを統括している。男性優位の世界において様々な困難を乗り越えながらも明確なビジョンを持ち、自らを出世に導いた優秀な捜査官。仕事一辺倒になりがちだが、子どもたちには惜しみなく愛情を注ぎ、仕事でもプライベートでも、双方からのニーズに応えるため常に心を砕いている。

ヴァネッサ・ラシェイ Vanessa Lachey

1980年11月9日フィリピン生まれ。1998年にサウス・カロライナ州代表として初めてミス・ティーンUSAに選ばれた。その後、MTVの「The Morning After」「Total Request Live」のホストやEntertainment Tonightのニューヨーク特派員を務める。2004年のミス・ティーン、2007年のミス・ユニバースの司会も務める。俳優としては「ママと恋に落ちるまで」「CSI:ニューヨーク」「HAWAII FIVE-0」「オヤジ・アタック」などにゲスト出演し、俳優としてのキャリアを築く。2017年には現在の夫でミュージシャンのニック・ラシェイと共に「ダンシング・ウィズ・ザ・スターズ」の挑戦者として出場した。最新の出演作にはネットフリックスによる婚活番組「ラブ・イズ・ブラインド ~外見なんて関係ない?! 」がある。

カイ・ホルマン/Kai Holman (声:森永友基)

オアフ島東海岸の町ワイマナロで生まれ育ったNCIS特別捜査官。母親の死後、海兵隊に入隊するためにハワイを離れる。その後、犯罪捜査課に3年間勤務した後、父親が倒れたことを知りNCISパールハーバー支局への配属を希望する。ジェーンに優秀さを見込まれた捜査官。頑固で頭が固い一面も。

アレックス・タラント Alex Tarrant

ニュージーランド生まれ。マオリ人、サモア人、ニウエ人の祖先を持つ。2012年にニュージーランド随一の国立演劇学校トイ・ワカアリを卒業。ニュージーランドのプライムタイムで放送されたメロドラマ「Shortland Street」に2018年から2019年まで出演。その他のテレビ出演作は、「FILTHY RICH/フィルシー・リッチ」などがある。映画作には、2021年トロント国際映画祭で上映されたタイカ・ワイティティのプロデュースSF映画『ディストピア 2043 未知なる能力』があり、今後はアマゾン・プライムビデオのテレビドラマ版「ロード・オブ・ザ・リング」が控えている。

ジェシー・ブーン/Jesse Boone (声:神尾佑)

NCISパールハーバー支局の副司令官。ジェーンと最も長く一緒に仕事をしてきており、彼女にとって最も親しいメンバー。パールハーバー支局に配属される前は殺人課の刑事として働いていたため、尋問のエキスパートであり、ベテランの警察官でもある。家族とハワイをこよなく愛している。

ノア・ミルズ Noah Mills

1983年4月26日カナダ・オンタリオ州生まれ、米メリーランド州育ち。モデルとしてキャリアをスタートさせ、2014年にVogue.comから歴代男性モデルトップ10に選ばれる。ドルチェ & ガッバーナのモデルとしてファッション業界におけるアイコンとしての地位を築き、その後トミー・ヒルフィガー、マイケル・コース、ギャップの広告にも登場した。俳優としては、映画版「セックス・アンド・ザ・シティ2」でのキム・キャトラル扮するサマンサの相手役や、「NYボンビー・ガール」「ザ・ブレイブ:エリート特殊部隊」などに出演。また、2021年のディズニープラス「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」にも起用された。テイラー・スウィフトの楽曲「We Are Never Ever Getting Back Together」のミュージックビデオにカメオ出演している。

ルーシー・タラ/Lucy Tara (声:潘めぐみ)

NCISパールハーバー支局で最も若い捜査官。チームの他のエージェントと比べると比較的経験が浅いが、学習能力は高く、戦闘にも長けている。経験不足は熱意で補い、常に自分の能力をチームに証明しようと努力している。思いやりがあり、温厚で気立ての良い人物。LGBTQでもあり、ケイト・ウィスラーとの過去をチームに隠している。

ヤスミン・アル=ブスタミ Yasmine Al-Bustami

1988年アラブ首長国連邦のアブダビ生まれ。3歳で米テキサス州に移住。ヨルダン・パレスチナ人とフィリピン人の祖先を持つ。金融の学位を取得した後、エンターテイメントの世界に入ることを決意。The CW「オリジナルズ」のシーズン1への出演が俳優デビューとなる。その後「ナッシュビル カントリーミュージックの聖地」「スイッチ ~運命のいたずら~」「S.W.A.T.」などにゲスト出演する機会を得る。ジョン・レジェンドの楽曲「Surefire」ミュージックビデオにも出演している。

アーニー・マリク/Ernie Malik (声:山本満太)

NCISパールハーバー支局のサイバー情報スペシャリスト、あらゆる情報を操ることができる、チームに欠かせない存在。IPアドレスの追跡、ソーシャルメディア情報からの追跡、ハワイ島についての知識に至るまで彼に分からないことはない。仕事に熱心で、オフィスに泊まり込むことも多々ある。

ジェイソン・アントゥーン Jason Antoon

1971年11月9日米カリフォルニア州生まれ。レバノン系アメリカ人。カーネギーメロン大学で舞台芸術の学士号を取得したのち、代役として多くの舞台に立つ。2000年のトニー賞受賞ブロードウェイミュージカル「コンタクト」では、ドラマ・デスク賞の演劇助演男優賞にノミネートされ、一躍注目を浴びる。この時の演技がスピルバーグ監督の目に留まり、トム・クルーズ主演の『マイノリティ・リポート』に起用されることになった。出演映画には、ヒュー・グラント主演のラブコメ映画『トゥー・ウィークス・ノーティス』『ラブソングができるまで』『Re:LIFE~リライフ~』など。ゲスト出演したテレビシリーズは多数あり、「New Girl ~ダサかわ女子と三銃士」「NUMBERS 天才数学者の事件ファイル」「iゾンビ」「シェイムレス 俺たちに恥はない」「フアン家のアメリカ開拓記」「FAMOUS IN LOVE」など、ジャンルも多岐に及んでいる。

ケイト・ウィスラー/Kate Whistler (声:川﨑芽衣子)

連邦捜査局(FBI)の特別捜査官。元国防情報局(DIA)職員で、タラの恋人だった過去がある模様……。

トリ・アンダーソン Tori Anderson

カナダ、アルバータ州エドモントン生まれ。高校卒業後はトロントに移り住み、ヨーク大学演劇科で学士号を取得。舞台では、アリゾナ州のフェニックス・シアターで「Dream a Little Dream(原題)」のミシェル・フィリップス役、ルミナート・フェスティバルで上演された「Habit(原題)」のヴィヴ役を演じた。テレビ出演作品には、「クレイジー刑事 BACKSTROM」「REIGN/クイーン・メアリー」Syfyの「KILLJOYS/銀河の賞金ハンター」、The CWの「The L.A. Complex(原題)」、「No Tomorrow(原題)」、ニコロデオンの「The Other Kingdom(原題)」などがある。NBCシリーズ「ブラインドスポット タトゥーの女」にも準レギュラーしとして出演。

作品基本情報

原題:NCIS: Hawai'i
データ:2021年/アメリカ/二カ国語&字幕/60分/全22話/HD作品
製作総指揮:ラリー・テン、マット・ボザック、ジャン・ナッシュ、クリストファー・シルバー
出演:ヴァネッサ・ラシェイ、アレックス・タラント、ノア・ミルズ、ヤスミン・アル=ブスタミ、ジェイソン・アントゥーン、トリ・アンダーソン
日本語吹き替え:水樹奈々、森永友基、神尾佑、潘めぐみ、山本満太、川﨑芽衣子