CSI: ベガス

JCOM_banner.jpg

 

<スパドラ! 年末年始11日間イッキ見>
【二カ国語版】1/1(日)13:00スタート!
 

 

ニュース

イントロダクション

あの「CSI: 科学捜査班」のデビューから21周年! 21世紀にもっとも見られたドラマシリーズが帰ってきた!
すべてが始まった街ラスベガスで、オリジナルキャストを含め新たなチームが活躍する!
ファン待望の「CSI: ベガス」をCSベーシック初放送!!

見どころ

「CSI: 科学捜査班」デビューから20周年+1年を記念するカムバック! オリジナルキャストたちの復帰も目が離せない!

21世紀に最も見られたドラマシリーズの1つとして数えられる「CSI: 科学捜査班」。2000年にデビューし、“科学捜査”という新しいジャンルを世界に広めたシリーズとして知られている。日本でも、2000年代の海外ドラマブームを牽引したシリーズだ。16シーズン、337エピソードにわたり続いただけでなく、「CSI: マイアミ」、「CSI: ニューヨーク」、「CSI: サイバー」と数々のスピンオフも生み出してきた。そして、「CSI: 科学捜査班」のデビューから節目の20周年となる2020年、フランチャイズのすべてが始まった街ラスベガスを舞台に、新シリーズ「CSI: ベガス」がデビューすることになった。残念ながら、パンデミックの影響で実際のデビューは21年後の2021年にずれ込んでしまったが、ファン待望の華々しいカムバックが実現した。
そして、新シリーズのカムバック以上に嬉しいのが、「CSI: 科学捜査班」のキャストたちのカムバックだ。ウィリアム・ピーターセン演じるギル・グリッソムと、ジョージャ・フォックス演じるサラ・サイドルに加え、ウォレス・ランガム演じるデヴィッド・ホッジスと、ポール・ギルフォイル演じるジム・ブラスのカムバックが決まっている。そしてこの4人は、日々の事件に加えて、シーズン1を通して語られるラスベガス科学捜査研究所の存続の危機にも通ずる疑惑のキーパーソンとして登場する。
ウィリアム・ピーターセンは今回のカムバックについて、「新しいチャプターを始めないかと打診されて予想外だったけれど、ギルを再び演じられること、そしてギルとサラの現在を垣間見ることができるというアイディアに即座に飛びついたよ。それに、20年前とはまったく異なる世界において、科学という分野を再訪することは素晴らしい機会だと思ったし、20年という月日に加えて新しいメンバーたちも登場するし、とてもエキサイティングに感じた」と語っている。ジョージャ・フォックスも、「不思議なことに、自分にとってサラ・サイドルを演じるということは、いつものジャケットやベルトを身に着けるくらい楽なことなの。役者として、こんな体験をすることになるとは思ってもいなかった。ある役をこんなにも長く、深く知ることで、いつでも楽にその役に入れるようになるなんて」と語っている。
「CSI」フランチャイズの製作総指揮を務めるジェリー・ブラッカイマーは、「『CSI』フランチャイズに長年忠実で居続けてくれたファンたちに、シリーズを再び届けられることにワクワクしている。しかも、20年以上前にすべてが始まった場所ラスベガスに戻ることができるなんて、より一層特別に感じるよ。『CSI: ベガス』にウィリアム、ジョージャ、ウォレスを、才能ある新しい役者たちとともに迎え入れることを楽しみにしている」とコメント。オリジナルシリーズを企画し、本シリーズでも製作総指揮を務めるアンソニー・E・ズイカー曰く、オリジナルキャストのカムバックに関してはまだまだサプライズがあるとのことで、ぜひ色々なサプライズを期待したい。

科学捜査技術も現代版にアップグレード!

「CSI」フランチャイズの目玉の1つでもあり、他のシリーズと一線を画す人気の秘訣は、最新の科学捜査技術の使用である。ここ20年で、その科学捜査技術はめざましく進化してきた。「CSI: ベガス」では、その進化も目の当たりにすることができる。本シリーズの企画・製作総指揮を務めるジェイソン・トレイシーによると、「CSI: 科学捜査班」が終了してから、ここ5~6年で一番大きく変化したのは遺伝学だそうだ。「CSI: 科学捜査班」は世界にDNAとは何かを伝えてきたが、現在、科学者たちがDNAを使ってできることには目を見張るものがあるそう。本シリーズで新たに登場する、ポーラ・ニューサム演じるラスベガス科学捜査研究所の主任マキシン・“マックス”・ロビーが遺伝学の専門家であることは、そのことを反映している。

早々とシーズン2の更新が決定! そして、新たなオリジナルキャストのカムバックも決定!

本国アメリカでは2021年10月に放送を開始した「CSI: ベガス」。シーズン1の放送が終わるや否や、2021年12月、CBSはシーズン2の更新を発表。シーズン1は、地上波2021年~2022年シーズンの新作シリーズトップ5に入る出来だったそうだ。ニールセン社の数字によると、第1話の初回放送+当日の18-49歳層視聴率は0.46、初回放送+当日の総視聴者数は412万人を記録し、最終第10話の初回放送+当日の18-49歳層視聴率は0.37、初回放送+当日の総視聴者数は355万人と、第1話からの水準をほぼキープ。水曜夜10時の放送枠を総視聴者数で60%アップさせ、第1~9話の初回放送から7日間の再放送で総視聴者数が84%もアップしたそうだ。

ストーリー

「CSI」のすべてが始まった街ラスベガスで、新たなチャプターが幕を開ける――。

現役を引退し、ラスベガス市警の伝説的存在となっているジム・ブラス元警部。自宅で何者かに突然襲われ、視力の衰えている彼は襲撃者を手持ちの銃で射殺した。襲撃者の唯一の所持品は何枚かの100ドル札。紙幣のシリアル番号から、ブラスはかつての誘拐事件との繋がりを確信する。ラスベガス科学捜査研究所の主任マキシン・“マックス”・ロビーは、チームと、ブラス本人によってラスベガスに呼び寄せられたサラ・サイドルとともに捜査を開始。すると、過去に分析官の誰かが証拠を捏造していた可能性が浮上し、もしそれが本当であれば、ラスベガス科学捜査研究所が崩壊し、ネオン揺らめくラスベガスの街に何千という有罪の殺人犯たちが解き放たれることになる。この脅威に対処するため、ギル・グリッソムもラスベガスへと到着。マックス率いる新たなチームが、旧メンバーのギルとサラの助けを借りながら、最新の犯罪科学技術を用いて証拠を辿り、“シン・シティー”の正義を守るために活躍する。

各話あらすじ

放送時間

キャスト

ギル・グリッソム/Gil Grissom (声:野島昭生)

元、ラスベガス科学捜査研究所の夜勤の主任。当時フィアンセだったサラの後を追ってコスタリカへ行くため、ラスベガス科学捜査研究所を辞めた。サラとの結婚後は、国際水域に生息するサメの保護のために船で世界を回っている。ラスベガス科学捜査研究所時代の部下が証拠を捏造していた可能性が浮上し、ラスベガスへ戻ってくる。

ウィリアム・ピーターセン William Petersen

1953年2月21日、米イリノイ州エバンストン生まれ。ウィリアム・フリードキン監督の『L.A.大捜査線/狼たちの街』でウィレム・デフォーと共演して称賛を浴び、マイケル・マン監督の『刑事グラハム/凍りついた欲望』やジョエル・シューマカー監督の『今ひとたび』など、映画への出演が相次いだ。その後、「CSI: 科学捜査班」のギル・グリッソム役でテレビでも大ブレイク。10シーズンにわたり出演する傍ら、全15シーズンで製作や製作総指揮を務めた。エミー賞ドラマシリーズ作品賞に3回ノミネート、ゴールデン・グローブ賞ドラマシリーズ主演男優賞に1回ノミネートされている。また、2009年にはウォーク・オブ・フェーム入り。本作では引き続き製作総指揮も務めている。

サラ・サイドル/Sara Sidle (声:浅野まゆみ)

ラスベガス科学捜査研究所の元・犯罪現場捜査官。ある事件の影響で燃え尽き症候群となりラスベガスにいられなくなり、コスタリカの研究チームに参加する。サラの後を追ってコスタリカへやってきたフィアンセのギルと結婚するも、ラスベガス科学捜査研究所の人手不足の手助けでラスベガスに戻ることになり、遠距離結婚となる。その負担のせいで一時はギルと別れるが、最終的には仕事を辞めてギルと縁を戻した。しかし、ラスベガス市警のブラス元警部が何者かに襲われ、ブラス本人からラスベガスに呼び寄せられる。

ジョージャ・フォックス Jorja Fox

1968年7月7日、米ニューヨーク州ニューヨーク生まれ。ティーンエージャーの時にファッションモデルとしてキャリアを開始。「ER 緊急救命室」のマギー・ドイル役や「ザ・ホワイトハウス」のジーナ・トスカーノ役でその名を知られるようになり、「CSI: 科学捜査班」のサラ・サイドル役で大ブレイク。全15シーズンにわたり出演した。映画では、クリストファー・ノーラン監督の『メメント』に出演した経歴がある。

マキシン・“マックス”・ロビー/Maxine Roby (声:唐沢潤)

ラスベガス科学捜査研究所の主任でDNA分析の専門家。元バスケットボールコーチでもある。

ポーラ・ニューサム Paula Newsome

米イリノイ州シカゴ生まれ。ニューヨークに移住後、オフ・ブロードウェイやブロードウェイで経験を積み、ドリー・パートン主演の『ストレート・トーク/こちらハートのラジオ局』で映画デビューを果たす。その後、「ER 緊急救命室」、「NYPD BLUE ~ニューヨーク市警15分署」、「クリミナル・マインド」、「NCIS ネイビー犯罪捜査班」、「BONES」、「シカゴ・メッド」、「トワイライト・ゾーン」など数々のドラマシリーズにゲスト出演してきたが、中でも「バリー」でのジャニス・モス刑事役が好評。大ヒットを記録した『スパイダーマン: ノー・ウェイ・ホーム』では、MIT副学長を演じた。

ジョシュア・フォルサム/Joshua Folsom (声:小野大輔)

ラスベガス科学捜査研究所のレベル3の犯罪現場捜査官。捜査のリードを務めることもしばしば。血痕分析が得意。

マット・ローリア Matt Lauria

1982年8月16日、アメリカ生まれ。NBCのドラマシリーズ「Friday Night Lights(原題)」のルーク・キャファティ役でその名を知られるようになる。その他にも、「リップスティック・ジャングル」、「バーン・ノーティス 元スパイの逆襲」、「パーソン・オブ・インタレスト」、「ディキンスン 若き女性詩人の憂鬱」などにゲスト出演。「CSI: 科学捜査班」にもゲスト出演したことがあり、シーズン12の3エピソードにわたりエージェントのマシュー・プラットを演じていたが、今回はジョシュア役としてメインキャストの一員に抜擢された。

アリー・ラジャーン/Allie Rajan (声:早見沙織)

ラスベガス科学捜査研究所のレベル2の犯罪現場捜査官。法医学・考古学に強い。夢を追いかけて、ラスベガスに移民としてやってきた。

マンディープ・ディロン Mandeep Dhillon

1990年12月21日英ハートフォードシャー州生まれ。リッキー・ジャーヴェイス監督・主演のNetflix映画『デイビッド・ブレント:ライフ・オン・ザ・ロード』で頭角を現わし、BBCのクライムスリラー「都市と都市」や、リッキー・ジャーヴェイス監督・主演のNetflixシリーズ「After Life/アフター・ライフ」に出演。2019年には、『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』にも出演している。

ヒューゴ・ラミレス/Hugo Ramirez (声:青山穣)

ラスベガス科学捜査研究所の検視官トップ。

メル・ロドリゲス Mel Rodriguez

1973年6月12日米フロリダ州マイアミ生まれ。「LAW & ORDER」、「NYPD BLUE ~ニューヨーク市警15分署」、「CSI: ニューヨーク」などのゲスト出演を経て、HBOのコメディーシリーズ「ゲッティング・オン」で称賛を浴びる。その後も、「ベター・コール・ソウル」、「ビカミング・ア・ゴッド」、「トワイライト・ゾーン」などに出演し、映画では、ディー・リース監督の『マクマホン・ファイル』でアン・ハサウェイ、ウィレム・デフォー、ベン・アフレックと共演した。

作品基本情報

原題:CSI: VEGAS
データ:2021年/アメリカ/二カ国語&字幕/60分/全10話/HD作品
製作総指揮:ジェリー・ブラッカイマー、キャロル・メンデルゾーン、アン・ドナヒュー 、スティーヴン・H・クラム
出演:ポーラ・ニューサム、マット・ローリア、マンディープ・ディロン、 メル・ロドリゲス、ジョージャ・フォックス
日本語吹き替え:野島昭生、浅野まゆみ、唐沢潤、小野大輔、早見沙織、青山穣