WALKER/ウォーカー

JCOM_banner.jpg

 

<独占日本初放送>
6/22(水)23:00スタート!
【二カ国語版】毎週水曜23:00ほか
【字幕版】毎週日曜19:00ほか
 
<スパドラ! キャッチアップ>
【二カ国語版】8/22(月)29:00スタート!
 
 

 

ニュース

イントロダクション

「スーパーナチュラル」サム役ジャレッド・パダレッキが主演・製作総指揮を務める注目の最新シリーズ!
妻の死の真相を追いつつ、2人の子供たちとの関係修復にも心を砕く主人公ウォーカーの活躍を通し、「家族の再生」をテーマに描く必見のクライム・ドラマを独占日本初放送!!

見どころ

「スーパーナチュラル」のジャレッド・パダレッキが主演に加え、製作総指揮に初挑戦!

15年間「スーパーナチュラル」で主人公サム・ウィンチェスター役を演じ、2020年にサム役を卒業したジャレッド・パダレッキ。本作は、その動向が注目されていたジャレッドの、「スーパーナチュラル」後、初の主演テレビシリーズである。
ジャレッドが演じる本作の主人公コーデル・ウォーカーは、テキサス州独自の法執行官「テキサス・レンジャー」である。コーデルは妻を事件で失った後、10ヶ月間の潜入捜査を経て、レンジャーの仕事に邁進しながらも、裏で妻の死の真相を追い、2人の子供たちとの関係修復にも心を砕く父親という役柄で、家族を中心に据え、現代社会の側面も反映させる内容となっている。
主演のジャレッドに加え、共演に「プリティ・リトル・ライアーズ」のキーガン・アレン、「X-ファイル」のミッチ・ピレッジ、「ベイウォッチ」のコビー・ベルら、日本の海外ドラマファンにもおなじみの面々が顔をそろえている。

ジャレッド・パダレッキの人気の高さが視聴率に反映された注目シリーズ!

2021年1月21日に放送局The CWでプレミア放送されたパイロット版は、2018年1月30日以来、The CWで最も視聴された番組となった、2017年10月に放送された「THE FLASH/フラッシュ(シーズン4)」以来、最も視聴されたシーズン・プレミアとなった。また、このプレミア放送は、「レジェンド・オブ・トゥモロー」シーズン3の第8話の放送以来、4年ぶりにその放送枠として最高の視聴者数243万人を獲得した。また、新シリーズとしては前述の「レジェンド・オブ・トゥモロー」以来、最も高いライブ+7日間視聴率を獲得している。さすがファン層の厚いジャレッド・パダレッキによる「スーパーナチュラル」後の主演注目作とあり、非常に高い視聴率を獲得した。つい先日(2022年3月)、The CWから新シーズンの継続が発表されたばかり。放送だけでなくデジタル視聴やソーシャルメディアでも人気の高い番組であるため、シーズン3の継続が決まったのは当然と言える。

パダレッキ夫妻が劇中でも夫婦役を演じ、息の合ったところを見せる家族のストーリー!

「WALKER/ウォーカー」の見どころの一つは、ジャレッド・パダレッキの実の妻でもあるジュヌヴィエーヴ・コルテーゼことジュヌヴィエーヴ・パダレッキが、ウォーカーの妻エミリー役として出演していることだろう。ジャレッド・パダレッキとジュヌヴィエーヴは、「スーパーナチュラル」の撮影中に出会い、2010年に結婚、3人の子宝に恵まれた。ジュヌヴィエーヴが女優の仕事を休止し、母親に専念するまでは、「スーパーナチュラル」はもちろんのこと、「フラッシュフォワード」や「Wildfire(原題)」での主演など、数多くのテレビシリーズに出演し女優としてのキャリアを築き上げていた。本作はそんなジュヌヴィエーヴの10年ぶりの女優復帰作となっている。今回、パダレッキ夫妻にとって思いもよらない共演となったが、ジュヌヴィエーヴは、自分の出演が彼(ジャレッド・パダレッキ)のアイデアだと思われるのではないかということに不安を感じていたそう。「私たちが実際の夫婦を演じるということについて、人々が色々と勘ぐるのではないかととても神経質になっていました。」と、10年ぶりの女優復帰についての不安をインタビューで吐露している。劇中のコーデルの妻役をジュヌヴィエーヴにキャスティングするというアイデアは、ショーランナー兼製作総指揮のアナ・フリックによるものだったそうで、提案された時はジャレッド・パダレッキも大変驚いたそうだ。しかしそんなエピソードを微塵も感じさせない息の合ったおしどり夫婦による演技が楽しめる。

製作総指揮ジャレッド・パダレッキとアナ・フリックの新たなる挑戦!

2020年に、15年演じた「スーパーナチュラル」サム役を卒業したジャレッド・パダレッキの次なる挑戦は、テキサス州独自の法執行官「テキサス・レンジャー」。テキサス・レンジャーと聞いて多くの人の記憶に蘇るのは、1993年から9シーズン続いたチャック・ノリス主演の人気テレビシリーズ「炎のテキサス・レンジャー(Walker, Texas Ranger)」だろう。そして本作は、正にそのリブート版シリーズなのである。「炎のテキサス・レンジャー」は、チャック・ノリスがハリウッドスターとしての地位を確立したアクション満載の一話完結型刑事ドラマだったのだが、新世代の主人公は、チャック・ノリス版とは大きく異なったコーデル・ウォーカーとして描かれている。今でも「コーデル・ウォーカー」というキャラクターの権利を保有しているチャック・ノリスから許諾を得て以前のキャラクターから大幅に変えたコーデル・ウォーカー像を作り上げることとなったのだが、ショーランナーのアナ・フリックによれば、今回初めて製作総指揮を務めるジャレッド・パダレッキは、コインの裏とも表とも言えないようなキャラクターを演じることに興味を持っていたそうで、さらに二人が番組を通して伝えたいストーリーが同じだったと語っている。元々アナ・フリックは、ティーン向けのドラマ「ドーソンズ・クリーク」や「エバーウッド 遥かなるコロラド」などの家族ドラマで成長してきたこともあり、ウォーカーというキャラクターを深く追求することには興味があったそうで、その点でジャレッドと意気投合したというわけだ。
アナとジャレッドは、2020年のブラック・ライブズ・マター(黒人に対する暴力や組織的な人種差別に反対する運動)が起こる前から、議論を喚起するようなストーリーを伝えることに興味を持っていたそうで、答えを与える番組ではなく、質問を投げかけるような番組を作ろうとしたとのこと。今回、コーデル・ウォーカーのパートナーがメキシコ系女性レンジャーであったり、弟がゲイという設定に彼らの意図が感じ取れる。多様性を描きながら現代版に大幅にアップデートされた「WALKER/ウォーカー」は、オリジナル版では見ることのできなかった主人公の家族や人間関係のストーリーとなっている。

ストーリー

テキサス・レンジャーのコーデル・ウォーカーは、妻エミリーを国境付近で何者かに殺されてしまう。妻の死後、娘のステラと息子のオーガストを祖父母の元に預け、家族の元を離れ遠方の任務に就くことに。そして11ヶ月後、任務を無事に終えて帰宅したコーデルだったが、家族と向き合う勇気がなく、特に娘のステラとは溝ができてしまっていた。職場では、以前の相棒ジェームズが隊長に昇格し、新しい相棒になったのはメキシコ系のミッキ・ラミレスという女性で、異例の人選に驚くウォーカーであった。そんなある日、停車中の牽引車を助けようと近づいた警官が車の持ち主に襲われるという事件が起きる。しかし当の警官は事件の詳細を語らず、何かに怯えて組合の介入を要求。ミッキとウォーカーは捜査に乗り出し、ミッキの丹念な調査により現場にいた車を特定することに成功する。持ち主の元を訪ねると、そこは犯罪者の社会復帰を支援するための店で、陶器の置物などを販売していた。後日、陶器の中から薬物が見つかり、大きな事件へと発展する。そんな折、前夜に友達とパーティーに行き、薬物所持で逮捕されるという事件を起こした娘のステラが、学校から帰宅せず行方不明になっているとの連絡が入る……。

各話あらすじ

放送時間

特集

キャスト

コーデル・ウォーカー/Cordell Walker (声:内田夕夜)

9.11テロ後、海兵隊に入隊。その後は結婚して家族をもうけ、テキサス・レンジャーの一員となった。仕事には強い使命感を持って挑み、仕事と私生活を切り離すことができないことが多い。妻エミリーの死後、10ヶ月間潜入捜査のために家族と別れて暮らしていたが、久しぶりにテキサスに戻ってくる。娘との関係がギクシャクしている。

ジャレッド・パダレッキ  Jared Padalecki

1982年7月19日、米テキサス州サン・アントニオ生まれ。TV「ギルモア・ガールズ」に、主人公ローリーの恋人ディーン役でレギュラー出演。その後『フライト・オブ・フェニックス』や『蝋人形の館』と映画出演が続いた後、「スーパーナチュラル」でついに主役に抜擢された。身長193cm。リメイク版『13日の金曜日』では主役を演じた。「スーパーナチュラル」シーズン4にルビー(2代目)役としてゲスト出演したジュヌヴィエーヴ・コルテーゼと、シーズン5放送中に結婚。2017年3月に第3子が誕生した。15年間続いた大人気テレビシリーズ「スーパーナチュラル」が2020年に終了し、その後の初主演作品として本作は注目を集めていた。本作ではキャリア初の製作総指揮に挑戦し、2022年3月にシーズン3の継続が決定している。

ミッキ・ラミレス/Micki Ramirez (声:坂井恭子)

集中力があり、洞察力に優れているタフなウォーカーの新パートナー。テキサス州がメキシコ領の頃から先祖代々テキサスに住んでいる生粋のテキサス人。メキシコ系初のテキサス・レンジャーとしてのキャリアを掴む。性別や人種によって差別されることを身をもって知っている。

リンゼイ・モーガン  Lindsey Morgan

1990年2月27日生まれ。高校時代から舞台に立ち、テキサス大学オースティン校に進学後、舞台と演劇を専攻する。大学時代にキャスティング・エージェントの目に留まりテレビシリーズに端役で出演。その後は順調にキャリアを築き、2011年にジョシュ・ハッチャーソンやデイン・クックと「ブラッディ・スクール」で共演を果たす。1963年から続く長寿昼ドラ「General Hospital(原題)」の2012年−2013年版にレギュラー出演し、デイタイム・エミー賞ドラマシリーズ若手女優にノミネートされた。最も知られている出演テレビシリーズには、「スカイライン-逆襲-2020」でのローズ・コーリー役や、「The 100/ハンドレッド」でのレイヴン・レイエス役などがある。

リアム・ウォーカー/Liam Walker (声:多田啓太)

少し気取ったところがあるが、頭が良く強い倫理観を持っているウォーカーの弟で弁護士。最近検事補に昇進したばかり。兄の不在中、コーデルの子供たちの面倒を見るために、パートナーのブレットと共にニューヨークからオースティンに移り住んだ。ステラとオーガストとの関係は実際の親子以上に濃い。

キーガン・アレン  Keegan Allen

1989年7月22日米カリフォルニア州生まれ。13歳の時にアニマル・プラネットチャンネルのドキュメンタリー番組に出演し演技の世界に入る。2010年より「プリティ・リトル・ライアーズ」の全シーズンに渡り出演しブレイク。同作でのトビー役で2013年のティーン・チョイス・アワードに輝く。これまで同賞には4回ノミネートされている。ジア・コッポラの監督作『パロアルト・ストーリー』に出演し映画デビューを果たす。音楽家、作家、写真家としても才能を発揮しており、これまでフォトブックを2冊発売している。最新主演映画はミステリーホラー作の『#フォロー・ミー』。SNSのフォロワー数は760万人。

ボナム・ウォーカー/Bonham Walker (声:楠見尚己)

保守的な家族思いのコーデル・ウォーカーの父親。テキサスで牧場を営んでいる3代目。コーデルが潜入捜査で不在にしている間、コーデルの子供たちと暮らし、彼らの面倒を見ていた。

ミッチ・ピレッジ  Mitch Pileggi

1952年4月5日米オレゴン州生まれ。父親の仕事の関係で住んでいたトルコで演技に目覚め、帰国してテキサス州に戻った後も地元の劇場で舞台に立ち演技を磨く。1993年から続いたヒットシリーズ「X-ファイル」でのスキナー副長官役で一躍有名に。同役ではSAGアワード(全米映画俳優組合賞)に3回ノミネートされている。これまでの長いキャリアの中で出演したテレビシリーズは多岐に渡っており、主なヒット作には「スターゲイト:アトランティス」「CSI」「グレイズ・アナトミー」「サン・オブ・アナーキー」「ダラス」などがある。チャック・ノリス主演のオリジナル版「炎のテキサス・レンジャー」にゲスト出演したこともある。本作で共演中のジャレッド・パダレッキ主演「スーパーナチュラル」のシーズン4と6に彼の演じるサムの祖父役として登場した。主な映画出演作はマイケル・ベイ監督『トランスフォーマー/最後の騎士王』、ウェス・クレイヴン監督のホラー映画『ショッカー』など。

アベリーン・ウォーカー/Abeline Walker (声:野沢由香里)

世話好きで常に家族を第一に考えているコーデル・ウォーカーの母親。夫のボナムと共に牧場を営んでいる。コーデルが不在になった後、母親を失い悲しんでいるコーデルの子供たちがトラブルに巻き込まれれないようにとカトリックの学校に入学させた。

モリー・ヘイガン  Molly Hagan

1961年8月3日米ミネソタ州生まれ、インディアナ州で育つ。イリノイ州のノースウェスタン大学卒業後、チャック・ノリスの『野獣捜査線』でスクリーンデビュー。エリック・ストルツ主演の青春映画『恋しくて』やテレビシリーズでは「刑事コロンボ'90/予期せぬシナリオ」「新・刑事コロンボ/4時02分の銃声」などを経て、今日まで数多のテレビシリーズにゲスト出演を果たしている。その他の映画では『ハイスクール白書 優等生ギャルに気をつけろ! 』『WE ARE YOUR FRIENDS ウィー・アー・ユア・フレンズ』『ネイビーシールズ:オペレーションZ』のほか、トム・ハンクス主演『ハドソン川の奇跡』などに出演。最近のテレビシリーズ出演作品には、AppleTV+の「真相 - Truth Be Told」、ネットフリックスの「ジェーン・ザ・ヴァージン」「iゾンビ」などがあり、アマゾンプライムビデオの『The Garage Sale(原題)』で初脚本・プロデューサーを務めた。

ラリー・ジェームズ/Larry James (声:滝知史)

テキサス・レンジャーの隊長でコーデル・ウォーカーの上司。オースティン本部で唯一のアフリカ系アメリカ人。かつてはコーデルの相棒だったが、コーデルの潜入捜査中に隊長に昇進した。

コビー・ベル  Coby Bell

1975年5月11日米カリフォルニア州生まれ。父親はブロードウェイ俳優。サンノゼ州立大学を優秀な成績で卒業した後、本格的に俳優の道に進む。テレビシリーズ「バフィー~恋する十字架~」や「ER 緊急救命室」などの端役を経て「L.A. Doctors(原題)」で13話に出演する準レギュラーを獲得。その後はヒットドラマに恵まれ、NBCドラマの「サード・ウォッチ」のニューヨーク市警のタイ・デイビス・ジュニア役をシーズン6まで務める。また「バーン・ノーティス 元スパイの逆襲」でもレギュラーのジェイス・ターナー役でシーズン4から出演。「The Gifted ザ・ギフテッド」でもレギュラー役として参加を果たす。映画作品には、SFアクション『AVA エイリアン VS. エイリアン ジャッジメント・デイ』での主演など。ソングライターで、ミュージシャンとして活動もしており、レゲエバンドに所属している。

ステラ・ウォーカー/Stella Walker (声:中野さいま)

コーデル・ウォーカーの16歳の娘。強気で賢いが、不在がちだった父に対して寂しさをうまく表現できず冷たく当たってしまう。

バイオレット・ブリンソン  Violet Brinson

2004年2月27日生まれ。米テキサス州生まれ。「シャープ・オブジェクツ」では準レギュラーとして参加。その後、「ザ・コミー・ルール 元FBI長官の告白」ではアビー・コミー役としで出演。2020年サンダンス映画祭で上映された『Four Good Days (原題)』に出演も果たしている。

オーガスト・ウォーカー/August Walker (声:井上拓真)

コーデル・ウォーカーの14歳の息子。物静かで優しく芯が強い。父親が置かれている状況に対して理解がある。

ケール・カリー  Kale Culley

2005年5月米国生まれ。これまでゲスト出演した作品は、「ブラッキッシュ」「ロマノフ家の末裔 ~それぞれの人生~」「スーパーナチュラル」「NCIS ネイビー犯罪捜査班」「シドニーと がんばりマックス」など。

トレイ・バーネット/Trey Barnett (声:斉藤優希)

ミッキの優しいボーイフレンドで、配属先から戻ってきたばかりの元衛生兵。

ジェフ・ピエール  Jeff Pierre

1986年5月21日米マサチューセッツ州生まれ。ノースイースタン大学で刑事司法を専攻し卒業。最も知られている出演作は、「シェイムレス6 俺たちに恥はない」シーズン6と7で準レギュラーとして登場したカレブ役。そのほかのゲスト出演テレビシリーズ作に「9-1-1:LA救命最前線」「NCIS ネイビー犯罪捜査班」「CSI:科学捜査班」などがある。映画では、ジョナ・ヒル主演、トッド・フィリップス監督『ウォー・ドッグス』などに出演している。

作品基本情報

原題:WALKER
データ:シーズン1・2020~2021年/アメリカ/二カ国語&字幕/60分/今回シーズン1全18話/HD作品
製作総指揮:ジェシカ・ユー、ジャレッド・パダレッキ、ダン・リン、リンゼイ・リベラトーレ、アナ・フリック
出演:ジャレッド・パダレッキ、リンゼイ・モーガン、モリー・ヘイガン、キーガン・アレン
日本語吹き替え:内田夕夜、坂井恭子、多田啓太、楠見尚己、野沢由香里、滝知史、中野さいま、井上拓真、斉藤優希